2007年09月27日

思い出したアルファベットソング

わたしが小学校中学年のころ、
クラスメイトのお母さんがやっている
英会話教室へ通っていました。

実は、わたしの母が、
そのお母さんが、短大時代に、
児童英語教育を学んだと聞き、お願いして、
生徒を数名集めるという条件で、
開いてもらった教室なのですが(笑)

わたしが記憶しているレッスン内容は、
レッスンのはじめに一人ずつ先生とあいさつ、
テキストを使ってフォニックスの勉強、
単語カードを使ったカルタ、といった感じで
歌はあまり歌わなかったように思います。

その数少ない歌った英語の歌のひとつが、アルファベットソングです。
子ども英語先生になってから、こんなにも多くのバリエーションがあるのか、
と驚きましたが、ふと自分が小学生のときに歌っていたものの歌詞を考えると、
どうも後半部分が思い出せません。
記憶の通りに一部ひらがなで書いてみますと、

♪ABCDEFG HIJK LMNOP QRS and TUV W and XYZ
 はっぴー はっぴー しゃるいーびー うぇんいー らん あわ ABC♪


といった感じで、大学生になってから聞いたアルファベットソングとは、
結構違うなぁ、といった印象。一体何と歌っていたのか、疑問に思うようになりました。

そして少しずつ解析していって、昨日ついに分かりました!

♪ABDCEFG HIJK LMNOP QRS and TUV W and XYZ
 Happy happy shall we be When we learn our ABC♪


あ〜すっきりしました (*´д`*)
posted by ぴにゃ at 14:08 | Comment(51) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年09月26日

文字指導に入る前に



わたしが今、英語活動を担当しているのは、小学校6年生。
1年生のときから大体隔週で英語活動を受けてきた子どもたちです。
英語のリズムや簡単な受け答えにも慣れて来ているので、
そろそろ文字指導に入ろうと思っています。

やはり、中学校に入ってから苦しむのは文字のようなので。

わたし自身は、小学生のときに英会話でフォニックスを教えてもらい、
中学の英語で単語を覚えるのにさほど苦労をしませんでした。
そういう経験からも、子どもたちに少しでもわかりやすい方法を提供したいですし、
「中学校入ってから、つまらなくなった」と言う子が減るといいなぁ、と思います。

ところで、文字指導ですが、
アルファベット自体は、すでにローマ字で学習しているんですよね。
わたしは、これを使わない手はないんじゃないか、と考えています。
単語のつづりには馴染みがないかもしれませんが、
ひとつずつは読めますし、ローマ字読みが手がかりになったりします。

なんとかいい方法を考えてみたいと思います。

ローマ字関連でもう一つ。
最近、まわりの人たち(学生や大人)が書いたローマ字をよく見かけるのですが、
ヘボン式ローマ字を正しく書けない人が多過ぎるように思います。
そのスタイルを見ると、明らかにPCのローマ字入力の弊害なのですが、
英語学習している人は特に、ローマ字の習得も大切だと思います。
posted by ぴにゃ at 23:33 | Comment(282) | TrackBack(0) | 英語活動ボランティア

2007年09月24日

児童英語合宿

土曜日から今日まで、2泊3日の児童英語合宿へ行ってきました。
以前所属していた、英語活動を行っているサークルの合宿です。

泊まり込みで、みっちり児童英語のことを考えることができ、
とてもしあわせでした。楽しかったです。

合宿の中で扱われていた内容については、
今後少しずつここに記録して行こうと思います。
posted by ぴにゃ at 22:56 | Comment(9) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年09月19日

児童英語イベント資料の整理

昨夜、今までに参加した児童英語イベントで使った資料の
整理を行いました。

アルクの J-SHINE 小学校英語指導者資格取得研修講座に始まり、
聖学院大学児童英語教師養成講座、MPI 英語教育フォーラムなど、
これまでに参加したものの資料をすべてそのままにしていたので
かなりの量。

不要な宣伝チラシなどを処分し、講座などで使われた大切な資料を、
ひとつひとつクリアファイルへ入れていきました。

とてもかさばっていた資料が、
あっという間にスッキリ!
あとから見たい資料を捜すのにも、
とても便利になりました。
posted by ぴにゃ at 12:10 | Comment(186) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年09月17日

MPI 英語教育フォーラム

 今日、松香フォニックス研究所主催の
 2007 MPI 英語教育フォーラムへ
 行ってきました。

 わたしは去年はじめて参加して
 今回が2回目でしたが、
 本当に楽しい一日でした。

このような児童英語教育関係のイベントへはよく足を運ぶのですが、
ほかのところではない、このフォーラムの良いところというのが、
子どもたちのコンテストもあるというところです。

週に1回英語をやってきた子たちが、英語を理解し使いこなしている様子を見ると、
こんなにもきちんと成果を出せるものなのだ、と嬉しくなります。

松香先生も強調しておっしゃっていましたが、
「わたしたちがやっていること(児童英語教育)はすばらしいこと」
と自信を持てる瞬間でした。子どもたちから、たくさんのパワーをもらいました。

ようやく小学校での英語活動が「英語活動」という名前で、独立して、
正式導入されようとしていますが、その内容にはまだまだ不満があります。

言語習得にはとても時間がかかります。ましてや、高校卒業までに、
学習指導要領に書かれているような高いレベルの英語を身につけるには、
もっともっとたくさんの時間をかけなければなりません。

英語は「ことば」なので、ほかの科目と違って当たり前です。
TOEFL iBT Speaking Section スコア最下位の日本人、がんばりましょう。
posted by ぴにゃ at 19:27 | Comment(11) | TrackBack(0) | 研究発表・講演会

2007年09月15日

入手しました『おしえたい』

本日、購入して参りました『子どもに英語おしえたい 2008

先ほどパラパラと見てみたのですが、内容が濃い!

子ども英語先生に関する疑問の答えは、
この本に全部載っているのではないかと思います。

子ども英語先生を目指す人も、現役の子ども英語先生も、
児童英語教育に関心のある人にとって、ためになる情報満載。

これからじっくり読みたいと思います ヾ(>ω<*)ノヾ(*>ω<)ノ

それにしても、この本の制作のために実施されたアンケートに答えるのは、
本当に大変だったなぁ(笑)

2007年09月12日

子どもに英語おしえたい

子どもに英語おしえたい 2008』本日発売です。

実は昨日、神保町の三省堂へ探しに行ってしまいました。
ALC online shop で先行発売されていたので勘違いしたのです。

天気も回復したみたいですし、
阿部首相の辞意表明記者会見を見ながら支度し、
お散歩がてらこれから近くの本屋へ行ってみようかと思います。

2007年09月10日

子ども英語を考える



アルクブログにて「子ども英語を考える」というブログをやっていたのですが、
こちらのアルコムワールドでの日記へ移行することにしました。

思ったことを気軽に書いていきたいと思います。
posted by ぴにゃ at 20:29 | Comment(79) | TrackBack(0) | お知らせ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。