2008年03月07日

小学校で英語、先生も不安

2008年3月7日(金)読売新聞のこちらの記事より引用
 新しい学習指導要領で小学5年から必修化される英語活動について、教員のうち半数以上が「自分自身の英語力向上」に関する研修が必要と考えていることが、日本英語検定協会の調査でわかった。
 英検協会では「すでに総合学習の時間などで英語を扱っていても、必修化された時にきちんと教えられるか不安に思っている教員が多いようだ」としている。
 ◆「指導法研修を」7割、「自分の力向上」5割
 小学校の英語活動は2011年度から始まり、週1回、ゲームなどを通して、あいさつや自己紹介といった簡単な会話に親しむ。
 調査は昨年9月、全国の公立小学校から無作為に選んだ1650校にアンケートを送付、教員520人から回答を得た(回答率31.5%)。「小学校で英語活動を教える前にどんな研修が必要か」(複数回答)という問いに対しては、「授業の進め方などの指導法」が76.6%、「自分自身の英語力の向上」が56.9%、「カリキュラムなど指導計画の立て方」が56.3%と多かった。
 英語力向上のために、「すでに自費で英会話学校に通ったり自宅学習したりしている」は28.6%、「今後取り組みたいと考えている」も48.4%に上った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。