2007年10月03日

TIME FOR KIDS

*この日記は、2007/10/03 20:24 に作成されたものを復元したものです。

J-SHINE フォーラムでの話を
しばらく先延ばしにしておりますが、
そのフォーラム後に新宿紀伊国屋へ行きまして、
TIME FOR KIDS』を購入して参りました。

先日参加した MPI 英語教育フォーラムでも、
松香洋子先生が、

「子どもたちはリアルを求めている」

と紹介されていたのですが、
あらゆる分野のことが、わかりやすく、
たーっくさん載っています!

プチ百科事典ですね。気になったらすぐに調べられるよう
いつもテーブルの上に置いておきたいと思います。

バックアップがとても大切

以前、書類の整理の話を書きましたが、今回はデジタルの話です。

実は一昨日、わたしのPCが壊れてしまいました。
ちょうどアルコムに日記を書いて、数時間後のことです。
そろそろバックアップを取らねば、と準備していたら、突然フリーズ。
強制終了したら、もう二度と動かなくなってしまいました。

それで昨日、アップルストアへ持っていってジーニアスバーでみてもらったのですが、
ハードディスクが壊れてしまっているとのこと。
データも抽出不可能の状態で、泣く泣く交換することとなってしまいました。

今は、大学の図書館でPCを使って投稿しています。
静かで、ほとんど人もおらず、快適です。

それにしても、デジタルってとても便利ですが、
一瞬にしてデータを損失してしまう可能性もあり、恐ろしいです。
レッスンプランなどは、必ずプリントアウトして保管しないとですね。
posted by ぴにゃ at 10:13 | Comment(868) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年10月01日

小学校英語の歴史に残る日

ネタとしては、8月末がホットでしたが、公立小学校における英語活動、
やっと、そしていきなり、「やっていく」ことが確定されました。

Jack先生の日記にもありましたが、
渡海文科大臣も、前大臣のようなことはおっしゃらずに済みましたので、
ようやくベクトルが安定し、ホッとしました。

これからは、もう、やるかやらないか、という(無駄な)議論はないので、
(最も大切な)どうしていくか、という内容について取り組むことができます。

現時点で公開されている、「小学校英語」に関する中教審の最新情報については、
中教審の最新情報です!」(Jack先生、吠える!)をご参照ください。

それから、昨日「J-SHINE 小学校英語活動シンポジウム」へ参加して参りましたので、
パネルディスカッションでの話題について、またあとで書きたいと思います。
posted by ぴにゃ at 11:39 | Comment(332) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年09月27日

思い出したアルファベットソング

わたしが小学校中学年のころ、
クラスメイトのお母さんがやっている
英会話教室へ通っていました。

実は、わたしの母が、
そのお母さんが、短大時代に、
児童英語教育を学んだと聞き、お願いして、
生徒を数名集めるという条件で、
開いてもらった教室なのですが(笑)

わたしが記憶しているレッスン内容は、
レッスンのはじめに一人ずつ先生とあいさつ、
テキストを使ってフォニックスの勉強、
単語カードを使ったカルタ、といった感じで
歌はあまり歌わなかったように思います。

その数少ない歌った英語の歌のひとつが、アルファベットソングです。
子ども英語先生になってから、こんなにも多くのバリエーションがあるのか、
と驚きましたが、ふと自分が小学生のときに歌っていたものの歌詞を考えると、
どうも後半部分が思い出せません。
記憶の通りに一部ひらがなで書いてみますと、

♪ABCDEFG HIJK LMNOP QRS and TUV W and XYZ
 はっぴー はっぴー しゃるいーびー うぇんいー らん あわ ABC♪


といった感じで、大学生になってから聞いたアルファベットソングとは、
結構違うなぁ、といった印象。一体何と歌っていたのか、疑問に思うようになりました。

そして少しずつ解析していって、昨日ついに分かりました!

♪ABDCEFG HIJK LMNOP QRS and TUV W and XYZ
 Happy happy shall we be When we learn our ABC♪


あ〜すっきりしました (*´д`*)
posted by ぴにゃ at 14:08 | Comment(51) | TrackBack(0) | ひとりごと

2007年09月26日

文字指導に入る前に



わたしが今、英語活動を担当しているのは、小学校6年生。
1年生のときから大体隔週で英語活動を受けてきた子どもたちです。
英語のリズムや簡単な受け答えにも慣れて来ているので、
そろそろ文字指導に入ろうと思っています。

やはり、中学校に入ってから苦しむのは文字のようなので。

わたし自身は、小学生のときに英会話でフォニックスを教えてもらい、
中学の英語で単語を覚えるのにさほど苦労をしませんでした。
そういう経験からも、子どもたちに少しでもわかりやすい方法を提供したいですし、
「中学校入ってから、つまらなくなった」と言う子が減るといいなぁ、と思います。

ところで、文字指導ですが、
アルファベット自体は、すでにローマ字で学習しているんですよね。
わたしは、これを使わない手はないんじゃないか、と考えています。
単語のつづりには馴染みがないかもしれませんが、
ひとつずつは読めますし、ローマ字読みが手がかりになったりします。

なんとかいい方法を考えてみたいと思います。

ローマ字関連でもう一つ。
最近、まわりの人たち(学生や大人)が書いたローマ字をよく見かけるのですが、
ヘボン式ローマ字を正しく書けない人が多過ぎるように思います。
そのスタイルを見ると、明らかにPCのローマ字入力の弊害なのですが、
英語学習している人は特に、ローマ字の習得も大切だと思います。
posted by ぴにゃ at 23:33 | Comment(282) | TrackBack(0) | 英語活動ボランティア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。